示談の難しさ

示談実際に交通事故の被害者になった場合、相手側保険会社の言いなりにならずに示談を進めるのは難易度の高いものです。もちろん事故のタイプによっては被害者側にも少なからず過失がついてしまうケースがありますので、そのような場合には示談に際して双方の保険会社が間に入ることになりますので、自分の側の保険会社に任せておけば良しとなります。

しかし本来ならば最もケアしてもらって当然の0対10の過失割合で被害者になった場合には自分で示談にあたる必要が出てきますので、適正な補償を受けられるように自分の側の努力が必要になります。

多くの人がこのような場合に相手の保険会社が言うままに示談を進めてしまうわけですが、賢明な人であれば早い段階で弁護士に相談をして示談を進めます。弁護士費用のほうが高くついてしまうのではないかと心配する人もいますが、もちろん事故の規模や状況によって慎重に考える必要はあります。とりわけ大きな事故でケガの程度も大きく、後遺症なども残るのではないかと懸念されるような事故のケースでは自分一人で示談をしていくといのはあまりに難しいのではないでしょうか。そうした事故の場合はやはりきちんと弁護士に示談交渉を依頼するほうが得策です。