示談交渉は弁護士に 

交通事故の規模が大きいもので、自分が負ったケガも大きいほど弁護士に示談交渉を依頼するメリットは大きくなります。まずは相場通りの適正な補償を受けられているかを判断するのは自分一人では難しいことですし、後遺障害などが出てしまった場合も自分で示談を成立させてしまったあとでは示談内容を覆すというのはまず難しいでしょう。相手方の保険会社の人間の仕事はなるべく支払いを少なくすることで、加害者側の味方であるということをしっかりと覚えておきましょう。いざとなってからネット情報などをかき集めただけでは百戦錬磨の保険会社の担当者には太刀打ちできないでしょう。

弁護士そのため弁護士に示談交渉を依頼することは大事です。慰謝料の金額というものも相手側の保険会社側の基準よりも弁護士基準のほうが高く請求することができます。多くの場合相手側保険会社の提示する金額とこちらの弁護士が提示する金額の間くらいで落ち着くことが多いようですが、最初から相手側保険会社の提示する金額で示談してしまうよりも多く慰謝料を受けることができる可能性が高くなります。

また、ただでさえ事故後で大変な時に自分で様々な手続きをする手間がなくなりますので、実質的にも精神的にも楽になります。交通事故の被害者になった場合は専門の弁護士にまずは相談から始めましょう。

参考リンク・・・交通事故被害者救済サイト