示談交渉は弁護士に 

交通事故の規模が大きいもので、自分が負ったケガも大きいほど弁護士に示談交渉を依頼するメリットは大きくなります。まずは相場通りの適正な補償を受けられているかを判断するのは自分一人では難しいことですし、後遺障害などが出てしまった場合も自分で示談を成立させてしまったあとでは示談内容を覆すというのはまず難しいでしょう。相手方の保険会社の人間の仕事はなるべく支払いを少なくすることで、加害者側の味方であるということをしっかりと覚えておきましょう。いざとなってからネット情報などをかき集めただけでは百戦錬磨の保険会社の担当者には太刀打ちできないでしょう。

弁護士そのため弁護士に示談交渉を依頼することは大事です。慰謝料の金額というものも相手側の保険会社側の基準よりも弁護士基準のほうが高く請求することができます。多くの場合相手側保険会社の提示する金額とこちらの弁護士が提示する金額の間くらいで落ち着くことが多いようですが、最初から相手側保険会社の提示する金額で示談してしまうよりも多く慰謝料を受けることができる可能性が高くなります。

また、ただでさえ事故後で大変な時に自分で様々な手続きをする手間がなくなりますので、実質的にも精神的にも楽になります。交通事故の被害者になった場合は専門の弁護士にまずは相談から始めましょう。

参考リンク・・・交通事故被害者救済サイト

示談の難しさ

示談実際に交通事故の被害者になった場合、相手側保険会社の言いなりにならずに示談を進めるのは難易度の高いものです。もちろん事故のタイプによっては被害者側にも少なからず過失がついてしまうケースがありますので、そのような場合には示談に際して双方の保険会社が間に入ることになりますので、自分の側の保険会社に任せておけば良しとなります。

しかし本来ならば最もケアしてもらって当然の0対10の過失割合で被害者になった場合には自分で示談にあたる必要が出てきますので、適正な補償を受けられるように自分の側の努力が必要になります。

多くの人がこのような場合に相手の保険会社が言うままに示談を進めてしまうわけですが、賢明な人であれば早い段階で弁護士に相談をして示談を進めます。弁護士費用のほうが高くついてしまうのではないかと心配する人もいますが、もちろん事故の規模や状況によって慎重に考える必要はあります。とりわけ大きな事故でケガの程度も大きく、後遺症なども残るのではないかと懸念されるような事故のケースでは自分一人で示談をしていくといのはあまりに難しいのではないでしょうか。そうした事故の場合はやはりきちんと弁護士に示談交渉を依頼するほうが得策です。

交通事故被害にあったら

日本では車を運転する人、車を所有している人はかなりの割合で任意保険に入っているので、交通事故があった時も保険会社に任せておけば安心という気持ちになっている人が多いと思います。もちろん自分が加害者側になった場合は任意保険の会社の担当者が多くのことをやってくれますので、当事者は誠実に謝罪の意を表すだけでいいかもしれませんが、逆に被害者になってしまった場合で、相手に過失が100%という場合には相手側保険会社との話し合いは自分で進める必要があります。事故の被害者になった場合文字通りのケガを負っている場合も少なくないですし、精神的なショックも残っているはずです。そのような中自分で交通事故の示談を進めるというのはなかなか大変なことです。

交通事故実際交通事故の判例というものは膨大にあり、それらはまとめられているので、どのような事故かによって自分がもらえる保障や慰謝料も決まってしまっていると思い込んでいる人は少なくありません。しかし実際には示談をどのように進めるかによって保障額や慰謝料の金額も変わってくるのです。

損をしないように示談の進め方というものに通じておく必要があります。なんといっても自分の側は法律や事故の示談に関しては素人で、相手側の保険会社はその道のプロですので、相手の言われるがままに示談を進めてしまっていると、かなり低い金額の保障や慰謝料で落ち着いてしまう可能性があります。妥当な保障を受けれるように勉強する必要があります